もはやチラシの裏       壁]ω・)その場しのぎ(・ω[壁


by ankoro10

2005年 08月 03日 ( 1 )

めいぷるすとーりー

多分
初めてやったときから数えると1年半くらいになるんだと思います。
CGIゲームで出会った人からの誘いで始めて、
杏ができた初日には杏移住して、今に至ります
もうそのころできた友達はリストの中だけで、
昔は何も分かってなかったから
サクチケも買わないでダブルスタブなんかずっとやってたわけですけど。
昔はよかった、なんてありきたりなことは言いませんけど
今はなんか簡単にレベルも上がるみたいですね、%ダメすごいですし。
マゾい斬り賊。弱い斬り賊。いろいろ言われてます。
毒魔万歳な時代が来たようですし、名実共に、といったところですね。
振り返ると、シーフを選択したのはあの「ヘネシス狩り場」にシーフが現れたせい。
投げ賊になるつもりだった自分の前に現れて6連撃。
か、かこいい|壁]д`)
ヘイスト?なんだそりゃ?なんか早いよ。
とか思って、遠距離からちまちま攻撃するのに飽き飽きしていた自分は
杏移住を機にシーフになろうと育成を始める。
杏初期はドロップ3倍。
山の様に振るドロップを何故か譲ってくれた、「そびえ立つ木」で出会った魔法使い。
ドロップは他人に拾われるに任せて魔法を連打するのに
メル袋の存在を知らなかった自分は、どうしてMPが足りるのか不思議でたまらなかった。
それまで楓で20lv程度までしか育てたことがなかったのに初日だけでそのレベルを越えて。
それからlvが上がると緑きのこから鍋のふたをドロップして、友達に自慢して見せた。
そのときにポイントアイテムの説明もされたりして。
狩りへのお誘い。まだ知らなかった「アリの巣」。
まだそのころは他に人もいなくて、自分たちのグループが一番乗りだ、なんて思ったけど
多分他のチャンネルには居たのかも。
それでもあの魔法使いはもう雷を打ってて、そのころの憧れの的。
自分はそこで30lvになると、急いで転職。
教えられた通りにプログレスに振って。
それからは自分らしさを出そう、なんて思っちゃってヘイストに先に振って後悔したり
グループで狩ってて感謝されたり。
今でも忘れてないカズアイ狩り。
そのころから一旦メイプルをやらなくなって、
なんのきっかけからか、また始めることに。
今いる友達のほとんどはその時から。



            懐かしい(o´∀`o)





今更こんな話をするのは






・・・・





・・・・









       いやネタがなかったから(/∀`*)


ごめんなさいごめんなs
重い雰囲気のままごきげんよう(o´∀`)ノシ
[PR]
by ankoro10 | 2005-08-03 22:53 | めいぽ